现代日本建筑家列伝

编辑:碰杯网互动百科 时间:2020-01-28 22:49:31
编辑 锁定
《现代日本建筑家列伝》是2011年河出书房新社出版的图书,作者是五十岚太郎。
书    名
现代日本建筑家列伝
作    者
五十嵐太郎
ISBN
9784309624358
页    数
284
定    价
1,470
出版社
河出書房新社
出版时间
2011-10-8
装    帧
Paperback
副标题
社会といかに関わってきたか

现代日本建筑家列伝内容简介

编辑
建筑家の果たしてきた役割を无视して现代社会は语れない。彼らはいかに时代と格闘してきたか、社会と関わってきたか―。丹下健三から、焦土の风景から出発して高度経済成长期を経験した世代、70年代の不景気にじっくりと力を蓄えた世代、バブル期にデビューした世代、阪神大震灾やバブル崩壊の後に活动を始めた世代、そして21世纪に头角をあらわした新世代まで、世界的に高く评価されている建筑家たちの仕事に、戦後から3・11に至る日本社会のすがたを読む。写真80点超、现代日本建筑家「系谱図」付き。[1] 

现代日本建筑家列伝作者简介

编辑
五十岚太郎,建筑批评家、东北大学教授。1967年パリ生まれ。东京大学大学院建筑学専攻修士课程修了。博士(工学)。専攻は建筑史。第11回ヴェネツィアビエンナーレ国际建筑展(2008)日本馆キュレーター、あいちトリエンナーレ2013芸术监督を务める。2014年芸术选奨新人赏を受赏。主著に『被灾地を歩きながら考えたこと』(みすず书房、2011)、『现代日本建筑家列伝』(河出ブックス、2011)、『映画的建筑/建筑的映画』(春秋社、2009)、『新编 新宗教と巨大建筑』(ちくま学芸文库、2007)、『美しい都市·丑い都市』(中公新书ラクレ、2006)など多数。编著に『ようこそ建筑学科へ! 』(学芸出版社、2014)、『窓と建筑の格言学』(フィルムアート、2014)など多数。
参考资料
词条标签:
出版物 书籍